湖南の扇こなんのおうぎ
広東に生れた孫逸仙等を除けば、目ぼしい支那の革命家は、——黄興、蔡鍔、宋教仁等はいずれも湖南に生れている。これは勿論曾国藩や張之洞の感化にもよったのであろう。しかしその感化を説明する為にはやはり湖南の民自身の負けぬ気の強いことも考えなければ …
作品に特徴的な語句
しも こう うまれ 這箇チイコ もと うしろ 悪感あくかん 洒落しゃ へさき 苦力クウリイ たん かたき おうし 唾壺たんつぼ いえ きれ 広東かんとん のち あわれ 提籃ていらん なぐ 漢口かんこう すぐ おど 頓着とんちゃく 一瞥いちべつ 上海シャンハイ 上脣うわくちびる うち 京調けいちょう 人懐ひとなつ 倉皇そうこう わず そな 勿論もちろん におい 北京ペキン 可也かなり 可愛かわい 含芳がんほう 呂律ろれつ うた ただ 商人あきんど あざけ つぐ 土匪どひ すわ うず 埠頭ふとう 大辷おおすべ 妓館ぎかん めかけ 宛囀えんてん うち むし 小肥こぶと 少時しばらく もっと 就中なかんずく 岳州がくしゅう 嶽麓がくろく 左舷さげん 常談じょうだん あと たちま 愛嬌あいきょう 憂鬱ゆううつ 手巾ハンケチ 挨拶あいさつ ふる 擄人りょじん 斬罪ざんざい 是了シイラ 更紗さらさ いま 末年ばつねん 柑類かんるい 栗鼠りす 椅子いす 橘洲きっしゅう 欄干らんかん 死骸しがい ほとん 流蘇ふさ