“艏”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へさき50.0%
みよし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“艏”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟1.5%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また船のへさきの方に我は顔して坐りなどする者をば将監様とよぶ。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
羽田などの漁夫りょうしが東京の川へ来て居るというと、一寸聞くと合点がいかぬ人があるかも知れないが、それは実際の事で、船を見れば羽根田の方のはみよしの方が高くなって居るから一目で知れる。
夜の隅田川 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)