“竈馬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こおろぎ50.0%
かまどうま25.0%
こほろぎ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
身動みうごきたくも、不思議なるかな、ちッとも出来んわい。其儘で暫くつ。竈馬こおろぎ、蜂の唸声うなりごえの外には何も聞えん。
「紀州紀州」竈馬こおろぎのふつづかにくあるのみ。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
昆虫界の「鳴虫号」で土屋正雄氏の「ややこしい竈馬かまどうま」を見ると、一茶が
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
垣根かきねの朝顔やう/\小さく咲きて、昨日今日がくれに一花ひとはなみゆるも、そのはじめの事おもはれて哀れなるに、松虫すゞ虫いつしかなきよわりて、朝日まちとりて竈馬こほろぎ果敢はかなげに声する、小溝こみぞはし
あきあはせ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)