“竈場”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かまば75.0%
フオオイエ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“竈場”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、老人は、竈場かまばの中へはいって来た。そして、隅の薪置場まきおきばに腰かけている又市の姿に気づいて、
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、竈場かまばの裏から隅田川の水際みずぎわに添って行くほどもなく、そこは、厳重な陣屋門じんやもんと言ってもいい材木屋の木柵もくさく
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
暮れゆく春の竈場フオオイエなり。
妄動 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)