“こおろぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
蟋蟀83.7%
11.2%
竈馬2.0%
促織1.0%
寒蛬1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
壁の中で鳴くといわれて人間の居場所に最も近く鳴くものになっている蟋蟀でさえも源氏は遠くの声だけしか聞いていなかったが
源氏物語:04 夕顔 (新字新仮名) / 紫式部(著)
秋の夜ごとにふけ行く夜半過わけて雨のやんだ後とて庭一面の声をかぎりと鳴きしきるのにわたしはつかれぬままそれからそれといろいろの事を考えた。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「紀州紀州」竈馬のふつづかにくあるのみ。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
宣宗の宣徳年間には、宮中で促織あわせの遊戯を盛んにやったので、毎年民間から献上さしたが、この促繊はは西の方の国にはいないものであった。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
ぐったりとなって心配している成の耳に、その時不意に門の外で鳴く促織の声が聞えて来た。成はびっくりして起きて見にいった。虫はまだ鳴いていた。成は喜んで手を持っていった。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
おまけに先月あらいざらい何もかも無くしてしまってからあ、寒蛬の悪くきやあがるのに、よじりもじりのその絞衣一つにしたッしで、小遣銭も置いて行かずに昨夜まで六日七日帰りゃあせず
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
昼間でも台所の部屋などは、ゴソゴソと穴蔵が幾つも飛んでいた。与一が出発して九日になる。
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)