“宣宗”の読み方と例文
読み方割合
せんそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宣宗の宣徳年間には、宮中で促織あわせの遊戯を盛んにやったので、毎年民間から献上さしたが、この促繊はは西の方の国にはいないものであった。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
正統帝御父宣宗皇帝は漢王高煦の反に会いたまいて、に之を降したまいたれども、叔父に兵をすに至りたるの境遇は、まことに建文帝に異なること無し。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
白居易の亡くなった宣宗大中元年に、玄機はまだ五歳の女児であったが、ひどく怜悧で、白居易は勿論、それと名をゅうしていた元微之の詩をも、多く暗記して
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)