“いとど”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イトド
語句割合
75.0%
蟋蟀25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わが哀慕雨と降る日にいとど死ぬ蝉死ぬとしも暦を作れ
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)
わが哀慕雨とふる日にいとど死ぬ蝉死ぬとしも暦を作れ
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
蟋蟀いとどならばひとり鳴きてもありぬべしひとり鳴きても夜は明けぬべし
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)