“鵜烏”の読み方と例文
読み方割合
うがらす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
コツコツコツコツと叫ぶのは餌をっている夜鷹であって、ギャッ——と鋭く喚くのは敵に襲われた鵜烏である。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
はじめは液面は平かに静止していたがややあって、すこし表面波の小さいのが現れたと思うとポッカリと真黒い二立方位の物が浮かび出でた。よくみると、それは小さい鵜烏であった。
科学者と夜店商人 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)
鵜烏が、川面をに翔けながら、啼き声をした。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)