“もうろう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
朦朧99.7%
朧朧0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堀は、そういう一日ずつが経ってゆくごとに内儀の顔がずっとさきから心の中に生きていたことを朦朧として意識のなかにも感じた。
(新字新仮名) / 室生犀星(著)
だから文学者の仕事もこの分化発展につれてだんだんと、朦朧たるものを明暸に意識し、意識したるものを仔細に区別して行きます。
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
かゝる誤りは萬朝報に最もかつたのだが、先頃ならぬ言論欄に辻待車夫一切朧朧するなど、大分耳目に遠いのがはれて来た。
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)