“腫脹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅちょう70.0%
しゆちやう10.0%
しゆちよう10.0%
むくみ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つまり、障害をうけたとき、患部附近に、充血とか腫脹が起って、神経細胞に生理的なみが残っていることがある。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
の直下に数箇の爪痕及暗紫色の斑点ありき。これ指にて強く圧したるが為めに生ぜしものならん。顔は腫脹せる為め甚しき醜形を呈せり。両眼球は眼窠より突出しゐたり。
し致死的の量が体内に入つたならば、くの間に腫脹は拡がり水泡を作り、皮膚は破れて大なる壊疽を生ずる。
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)
髪の毛は段々と脱落ち、地体が黒いの色は蒼褪めて黄味さえ帯び、顔の腫脹に皮が釣れて耳の罅裂れ、そこにき、水腫脹上り、脚絆の合目からぶよぶよの肉が大きく食出