“食出”の読み方と例文
読み方割合
はみだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そりゃ然うだろう。では一つ今夜の事を話そうかね。だが、その前に——その衣嚢から食出してる手袋を見せてくれないか」
赤い手 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
緑盤の縁にまって食出して居る絹の切れで有る、見紛う様もない日影色の地合は確かに秀子の着物である。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
髪の毛は段々と脱落ち、地体が黒いの色は蒼褪めて黄味さえ帯び、顔の腫脹に皮が釣れて耳の罅裂れ、そこにき、水腫脹上り、脚絆の合目からぶよぶよの肉が大きく食出