“むくみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
浮腫60.0%
水腫30.0%
腫脹10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青白い浮腫がむくみ、周囲に目立つ充血した眼を不安そうにしょぼつかせて、「ちょっと現下の世相を……」語りに来たにしては、妙にソワソワと落ち着きがない。
世相 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
わたしは腎臓炎を起して水腫が全身に行き亘つた。呼吸が日増に切迫して立つ事も寝る事も出来ない身になつた。わたしは此飛行機の為に今度は取殺されるのだと覚悟して榊博士の病院へ送られた。
産褥の記 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
髪の毛は段々と脱落ち、地体が黒いの色は蒼褪めて黄味さえ帯び、顔の腫脹に皮が釣れて耳の罅裂れ、そこにき、水腫脹上り、脚絆の合目からぶよぶよの肉が大きく食出