お美津簪おみつかんざし
「音をさせちゃ駄目、そおっと来るのよ」 「——大丈夫です」 「そら!駄目じゃないの」 正吉の重みで梯子段が軋むと、お美津は悪戯らしく上眼で睨んだ。——十六の乙女の眸子は、そのとき妖しい光を帯びていた。 土蔵の二階は暗かった、番札を貼った長持 …
作品に特徴的な語句
ぎょっ けがら 恋人これ したた 七時むつ はしため ひそ くう うつ 可笑おかし 庖丁ぼうちょう ざま 提灯ぢょうちん しっか ずね 身状みなり 退引のっぴ 七時むつはん 十時よつ 呼子よぶこ かじ おさ あわれ つか まく さら 放火ひつけ あか 痙攣ひきつ 盗賊とうぞく くら いまし 落魄おちぶ みつ まんま 一刻いっとき 不漁しけ いささ 仰反のけぞ 仰有おっしゃ せがれ 俯伏うつぶ 傷手いたで 凄味すごみ しの こがらし もた 刹那せつな つんざ 労咳ろうがい 博奕ばくち いや つぶや うめ 咄嗟とっさ せき むせ そそ 唐櫃からびつ すす 喉元のどもと あえ 嗚咽おえつ 四辺あたり へい ちり 売女ばいた おご あや おど なだ 容易たやす 小鍋こなべ きぬ 店者たなもの 強請ゆすり 彼女あれ 悪戯いたずら おどろ 愛撫あいぶ 慄然りつぜん おのの 手燭てしょく 手頸てくび えぐ 押借おしがり こしら はさ 捻曲ねじま つか あらた