“鯥”の読み方と例文
読み方割合
むつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の肉で、若鮎を釣るのを見たのも、小田原の山王川の上流であった。それは、明治の末年であったろう。
石亀のこと (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
の子のようなかたちの紫雲が、ひとつたなびいていたが、あとで考えあわせると、有難そうなのは見せかけだけで、それは妖雲といったたぐいのものだったらしい。
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
全体此辺浜方が近いにしちゃア魚が少ねえ、鯛に比目魚、それでなけりゃア方頭魚と毎日の御馳走が極っているのに、料理がいろ/\して喰わせるのが上手だぜ
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)