“駈𢌞”の読み方と例文
読み方割合
かけまは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……(下人に)やい、はヹローナ駈𢌞って(書附を渡し)名前いてある人達見附けて、今宵御入來をおすとへ。
近所には、六歳かにで、恐怖つて、八疊二間を、ともはずともはず、くる/\駈𢌞つてまらないのがあるといた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
……それから十一其時になァ單身立をさっしゃりましたぢゃ、いや、彼方此方駈𢌞らッしゃって