“ひがん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒガン
語句割合
彼岸94.0%
悲願2.4%
彼岸桜1.2%
火燗1.2%
飛雁1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八五郎がやつて來たのは、彼岸過ぎのある日の夕方、相變らず明神下の路地一パイに張り上げて、走りのニユースを響かせるのでした。
今朝はかに晴れて、この分なら上野の彼岸桜も、うっかり咲きそうなという、午頃から、急に吹出して、随分風立ったのがだにまぬ。午後の四時頃。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
中では、それも一興にして、返辞もせず、火燗を、出したり入れたりしていたが、外の弥太郎は、帰ればこそである。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
表紙は八雲氏が愛用していた蒲団地から取ったものだそうで、紺地に白く石燈籠飛雁の絵を飛白染めで散らした中に、大形の井の字がすりが白くきわ立って織り出されている。