“ちん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チン
語句割合
25.8%
22.2%
17.8%
11.1%
7.1%
3.6%
3.1%
2.2%
1.8%
1.3%
椿0.9%
0.9%
小亭0.4%
0.4%
0.4%
矮狗0.4%
離亭0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは驢馬やに似てはいたが、それにしても、べつに他意のないおとなしい驢馬ならばたしかに、その態度がぶざまだったところで
瀬戸物のだの、睡蓮だの、刺繍の鳥だのを有難がった、安物のモック・オリエンタリズムは、西洋でも追い追い流行らなくなった。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「どうじゃ、運命てもらおう。ほど、しあわせのものは、またとこのにあるまいとうが。」とせられました。
北海の白鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
の寝室の戸は破れていた。が、そのは寝台も、西洋㡡も、洗面台も、それから明るい電燈の光も、ことごとく一瞬間以前と同じであった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
黄血社といえば国際的なギャングで、首領のダムダムというのが中々の腕利であるため、その筋には尻尾をつかまれないで悪事をやっている。
獏鸚 (新字新仮名) / 海野十三(著)
幾度越前街道往來れて、さへあれば、はひとりで驅出すものと心得たからである。しかし、上下には、また隨分難儀もした。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
支那人が大切にする『の羽根』と『猫の頭』と『虎の肝臓』と『狼の』という四つの毒薬ので『鴆の羽根』という白い粉と、おんなじものになっているんですってよ。
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それ以来幕末まで、日本人とは婚姻を結ばずにずっと此処に住んでいたのでありますから、今もとかとかとかいう名を用いる者が少くありません。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
新発田より(蒲原郡)東北加治といふ所と中条といふ所の間田の中に庚申塚あり、此塚の上に大さ一尺五寸ばかりの石をしてこれをる。
不意の入者に彼女は度を失って、少時言葉もなく立竦んでいたが、相手の二人が救助に来たのであると知ると
緑衣の女 (新字新仮名) / 松本泰(著)
孝孺の学徳く高くして、太祖の第十一子蜀王椿、孝孺をして世子のとなし、尊ぶに殊礼てす。王の孝孺にうの書に、余一日見ざれば三秋の如き有りの語あり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
の亀の化石、本草家の鑒定秦亀ならば一べし。山にてたりとあれば秦亀にちかきやうなり。化石といふものあまた見しに、多はきものにてあるひはまたなり。
やや寒うなりかけた小亭の、りかへつた小屋根ので、いくら振つても振つても、黄色い尻尾は、いよいよ切ない刻みを早めるばかしだ。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
築山の羅漢柏、枝ぶりのつた松、ばらばらの寒竹、苔蒸した岩、瓢箪形の池の飛石、小亭、取りあつめて、そのまま一つのになつてる。動きの無い庭、幽かな庭。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
哥兄哥兄』ち云うと息の止まる程、花魁に抱き締められましたなあ。ハハハ。帰りがけに真鍮の指環をば一個花魁から貰いましたが、その嬉しさというものは生れて初めてで御座いました。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
割烹を兼ねた宿屋で、三層の高楼は、林泉の上にえ、御手洗川の源、湧玉池にしているから、下の座敷からは、一投足の労で、口をそそぎ手が洗える。
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
夫から日本にも来てゐるが、矮狗位な大きさで頭の毛が長く幾となく前額に垂れて目をしてゐる「スカイ、テリヤー」といふ奴、彼奴はどうも汚臭くて、人間なら貧乏書生染みて不可んな。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)