“しづみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
66.7%
33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女ながらも心男々しき生質なれば大岡殿のがひ私し苦界へし事は父が人手に掛り其上姉の身の代金もはれしとの事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これを見るよりむねせまり、たいまつこゝにやけおちてをやきゝり、おちて深淵たるにうたがひなし、いかにをしり給ふとも闇夜早瀬におちて手足り玉ふべき便はあらじ。
西山しかば惡漢共兩人前後より引み御旅人酒代
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
夜の底のはしに三味を弾く
鶴彬全川柳 (新字旧仮名) / 鶴彬(著)