“しず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シズ
語句割合
31.1%
22.4%
19.5%
10.6%
7.3%
3.3%
2.6%
0.6%
0.3%
0.3%
0.3%
0.1%
0.1%
四圖0.1%
0.1%
沈思0.1%
0.1%
0.1%
鎮圧0.1%
鎮子0.1%
0.1%
静謐0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなはち仏前に座定して精魂をめ、三昧に入る事十日余り、延宝二年十一月晦日の暁の一点といふに、忽然としてを開きて
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
和尚さんのお部屋があんまりかなので、小僧さんたちは、どうしたのかとって、そっと障子から中をのぞいてみました。
文福茶がま (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
これをおきになった、さまは、いにまれました。いつしかかがりえて、管弦んでしまったのでございます。
北海の白鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
月は、森の樹々のたゆたう波の上に絶間なく黄ろい焔を散らす青金の火の円のすがたして、かに昇った。星がひとつひとつ現われた。
(新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
争う二人、——大名の若君と、町のと、その不思議な図は、丁度通りかかった高力家の家来達によって掻き乱されてしまいました。
赤彦の死は、次の気運の促しになるのではあるまいか。いや、それの暗示の、かな姿を示したものと見るべきなのだろう。
歌の円寂する時 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
「敵の人数色黒み備かにして勢い殊之外見事也。間近になると拍子を揃え太鼓を鳴らし大筒を打立黒烟を立てて押寄す」
碧蹄館の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
を越え、田を横ぎり、また林を越えて、しのびやかに通りく時雨の音のいかにもかで、また鷹揚な趣きがあって、しくしいのは、じつに武蔵野の時雨の特色であろう。
武蔵野 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
その紙がまだ濡れている間に、(だからと云ってくのたれているようではこまるのだが)、その一枚をとって、ワクのなかに四十五度にはめられた透明な硝子の上の本物の札の上におくのである。
“能筆ジム” (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
久しくそれは聞いたこともなかったものだというよりも、もう二度とそんな気持を覚えそうもない、夕ごころに似た優しい情感で、温まっては滴り落ちるくのような音である。
洋灯 (新字新仮名) / 横光利一(著)
わたくしは寿女さんの訃を信じかねて、そのことをもう一度たしかめてみたく師匠を見遣ったが、ものかなその姿には声をかけるさえ臆せられた。
痀女抄録 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
いつまでもかな容子を視ているうちに、不意にそわそわし出した。
痀女抄録 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
そこでして、つて、今日までもまつておいでになります。これらの歌は神語と申す歌曲です。
このイザナギの命は、淡路の多賀におまりになつておいでになります。
また姉の子は海軍造船中将(男爵)山内万寿治に嫁して昭和十七年に亡くなり、次兄輔宗は外国商館に勤めておりましたが、これも昭和三年に亡くなっております。
「大そう沈思んでいらっしゃるのね。どうかなさいまして?」
ふみたば (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
普通に『前漢書』列伝李広善く射る、出猟し草中の石を見て虎と思い射て石にて矢をいむ、見れば石なり。
やあ火の玉の親分か、わけがある、打捨っておいてくれ、と力を限り払いけんと焦燥るを、栄螺のごとき拳固鎮圧め、ええ、じたばたすればり殺すぞ、馬鹿め。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
沖縄では、今ではこの貝を網を曳く時の鎮子に使っているが、むかし貨幣に使ったのは小さな宝貝であったろうと思う。海のすれすれぐらいに、珊瑚礁の上にこの宝貝がすんでいる。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「春夜不寐。」〔春夜ネズ〕と題した長句の中には「独臥空床展転頻。帳影如烟闃無人。紅袖娯夜非我分。青灯長伴苦吟身。」〔独臥空床展転スルコト頻リナリ/帳影烟ノ如クカニシテ人無シ/紅袖娯夜ハ我ガ分ニ非ズ/青灯長ク伴フ苦吟ノ身ニ〕と言い
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
真夜中をすぎた頃おいらしく、静謐けさのさなかで生きもののような月の息づかいが手にとるように聞え、大豆や玉蜀黍の葉っぱが、ひときわ青く透かされた。
蕎麦の花の頃 (新字新仮名) / 李孝石(著)