碧蹄館の戦へきていかんのたたかい
鶏林八道蹂躙之事 対馬の宗義智が、いやがる朝鮮の使者を無理に勧説して連れて来たのは天正十八年七月である。折柄秀吉は関東奥羽へ東征中で、聚楽の第に会見したのは十一月七日である。この使が帰国しての報告の中に、秀吉の容貌矮陋面色黧黒、眼光人を射る …
作品に特徴的な語句
ごと いず めぐら ひそか ただち さら あつま しず だけ かえ 打立うちたて すく 殿しんが がえん いましめ はし 三吉みよし たま 前備まえぞなえ きま ほう いたずら また それがし あたた かぶと 繰引くりひか 義鎮よししず かずら ばか きびす 退 ふう 下知げち うち 乃公おれ しま 予々かねがね 仕置しおき ほか 何処どこ やまと いた 光海こうかい 勧説かんぜい なか 区々まちまち 史儒しじゅ つかさど 吉川きっかわ 吉統よしむね あき 咸鏡かんきょう 唐入からいり 女倭じょわ 如何いか いず 宗徒むねと 宮嬪きゅうひん まさ しかばね 屡々しばしば 左脇ひだりわき 広門ひろかど いたず たちま たの 恵瓊えけい ことごと 惨憺さんたん 愈々いよいよ 憔悴しょうすい 折柄おりから らっ 掃部かもん とりこ 数多あまた しりぞ 景雄かげお しばら かつ 末郷すえさと 李鎰りいつ きた 来寇らいこう