“左脇”の読み方と例文
読み方割合
ひだりわき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その墓の左脇にある別な墓を指し示しながらきっとそのあとでこのお墓へも香華手向けて行かれますお経料などもそのお方がお上げになりますという。
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
彼はちょと立ち止まってステッキを左脇み、衣兜に入れた煙草の袋から一本抜いて口にえ、それからマッチをだして火を点けながら燃えさしのマッチの棒を地べたに捨て
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
行長等は紿かれるとは知らないから大いに喜んで待って居たが、其時は李如松四万三千の人馬が、鴨緑江を圧して、義州に集中しつつあったのである。全軍を三つに分ち、左脇、中脇、右脇と呼んだ。
碧蹄館の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)