“椿姫”の読み方と例文
読み方割合
つばきひめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
田舎の女学校では、ピタゴラスの定理をならい、椿姫の歌をうたい、弓張月を読んだむすめが、いまはこんな姿で、悄然と生きている。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
ある日の午後も、銀子は椿姫の映画を見て、強い感動を受け、目もむような豪華なフランスの歌姫の生活にも驚いたが、不幸な恋愛と哀れな末路の悲劇にも泣かされた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
椿姫』だの『人生の毒気』(訳注 ロシア十九世紀の傾向的作家マルケーヴィチの戯曲)