“ほう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ホウ
語句割合
36.9%
24.6%
16.3%
4.7%
2.2%
2.1%
1.9%
1.7%
1.0%
0.8%
0.8%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.4%
0.3%
放棄0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
痴呆0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
仕法0.1%
0.1%
厚朴0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
手段0.1%
0.1%
擲却0.1%
放任0.1%
方向0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
相場0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すこしにはもう二人さんが前後して威勢よくってた。一人さんの袖子ているのをるとっていなかった。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
おや屋はしがって、思わずを宙へった。ぽんとつくと、前よりまた高く上がった。またつく。またつきながら道を歩き出した。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何しろ、其奴の正体を見届けようと思って、講師は燐寸擦付けると、対手に刃物をり出して、両手で顔を隠してった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ええ、芝公園増上寺の境内に若い女の絞殺体が二つ、り捨てられていたというんです。ちょっと新聞の記事を読んでみましょうか——
城隍廟のそば、観音庵の家にもどると、彼はすぐさま身支度にかかった。胸に銀甲を当て、琥珀色に、兜巾をつけ髪をしばる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
王以下は、永楽に及んで藩に就きたるなれば、らくきて論ぜざるも、太祖の諸子をじて王となせるも多しというべく
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ゆたりゆたりとけたように空を流れ、浜の子供たちがワーッと歓声をあげら、一かたまりになって、それを追かけて行くところであった。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
「おい、逃げるてえがあるかッ! この乾雲は汝の坤竜にこがれてどこまでも突っ走るのだ。刀が刀を追うのだからそう思え!」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
皆樣は、其樣にあの可愛がつてさつたのですか。御禮言葉もございません。』とのやうなる微※えて
長さ九寸、の木で作つたヒヨロヒヨロの矢ですから、他の場所に當つたんでは、大したもしなかつたでせうが、眼玉を射ただけに、これは厄介です。
その老臣は、んで天子さまのじて、御前をさがり、妻子親族友人らにれをげて、って、して旅立ちいたしましたのであります。
不死の薬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
まぢくないの高聲いとつれて出合頭正太夕飯なぜべぬ、びにけて先刻にからぶをもらぬか、誰樣のちほどばせてされ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
番茶のじた香ばしいのをすすりながら、新吉は満腹して重たい体をもてあつかうように、食卓にもたせかけ、おときの顔を見て笑った。
果樹 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
ちょうどそのとき、ラジオのニュースで、きょうも荒鷲の○○飛行場猛爆して多大戦果めたことをじた。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
五月雪消の跡に葉に先立って大きな白いを持った水芭蕉の花が、地から湧き出したもののように原を埋めて一斉に咲いた時の尾瀬は、目を驚かすに足るものがある。
山の魅力 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
それだけでは慊焉たらず、今度は、半年前にじた先王アメシスのしめようと考えた。カンビュセスが含む所のあったのは、むしろアメシス王の方だったからである。
木乃伊 (新字新仮名) / 中島敦(著)
私はこの時分程同級生にいぢめられたことはありません。私がと云ふ姓なものですから
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
彼は悠然立って着衣の前を丁寧に合わして、放棄ってあった鳥打ち帽を取るや、すたこらと梯子段りた。
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
かの海上つて、めてかに——かしきまでではあるが、たしかに爆裂發火信號
九万里  重ねて海を出で、一千里  再びに帰る。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
西域から手も聘せられる。当時の数学の発達は根本においては断じて支那固有のものであるが、多少の影響を受けたことはもちろんあろう。
天下後世にその名をにするもにするも、心事の決断如何り、めざるべからざるなり。
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
だが職業として毎日多くの豚をることは、可哀想だ惨酷だという気がして出来なかった。
首を失った蜻蛉 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
といっても、五台山五の西にはまだ影淡き残月が見え、地には颯々の松原がやっと辺りを明るみかけさせて来た頃だった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
中国には前記のほかに「包公案」「公案」「公案」「公案」「竜図公案」などの「公案もの」といわれる多くの裁判物語があるが、この公案ものの方は本になった地代が新しいために
探偵小説の「謎」 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
昌允 (坐る)お前が石を、ってた時、近よって行ったのは俺だよ。
華々しき一族 (新字新仮名) / 森本薫(著)
女に痴呆けたために前後を忘れていたに過ぎないので、こうして本気になって、女にも酒にも眼をれず、絶体絶命の死身になって稼ぎはじめると
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
百樹曰、牧之老人が此草稿無縫塔字義じがたく誤字にやとて郵示してひければ、無縫塔書伝たるよしいひこしぬ。雲根志には無帽塔とあり、無帽も又じがたし。
コスモスに句をいそがるる別れ 
南画を描く話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
あの内閣や政党をす事の大好きな木堂ですら「」とやらを見るためには、硝酸銀で硯を焼かなければならぬ、そんな勿体ない事が出来るものぢやないといつてゐる位だから。
癇癪まぎれに獅子口の厚い戸をドンと押し開けた。とたんに何か内部の異様を見たにちがいない。及び腰に上半身を中へ入れるやいな
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこでが急いで行ってみると、そこには牢番の楽和水火棍を持って立っていたので、出合いがしらに、包は呶鳴ッた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平田が故郷の方の仕法がついて出京したら、二夫婦揃ッて隣同士家を持ッて、いつまでも親類になッて、互いに力になり合おうと相談もしている。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
南洲乃ち三十圓を與へて曰ふ、汝に一月金を與へん、汝は宜しく汝の心にうて我が才力如何を問ふべしと。其人た來らず。
但先月の嵐がをなしたのか、庭園の百日紅、桜、梅、沙羅双樹、桃、李、白樺、欅、厚朴、木蓮の類の落葉樹は、大抵葉を振うて裸になり、柿やトキワカエデの木の下には
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
カークをはじめ一人も声がなく、けて死人のようになってしまった。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「わずか十里の郊外、七と申す静かなところですが」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
言語はより多端なり。と云ひ、と云ひ、と云ひ、と云ふ。義の同うして字の異なるを用ふれば、即ち意を隠微のするを得べし。大食ひを大松と云ひ差出者左兵衛次と云ふ。
その声はよくり、一日中変わってゆく渓あいの日射しのなかでよく響いた。そのころ毎日のように渓間を遊びけていた私はよくこんなことを口ずさんだ。
交尾 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
ぽかんと、馬鹿みたいに、けた顔つきを、うつろにしていることがあるかと思うと、些細なことにも、激怒したり、また哄笑を発したりした。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さあ、三つの手段がある、首をってくたばるか、山へはいって遁がれるか、仲間っ外れを覚悟の上で、世の建て直しにとりかかるか。だが九分九厘は失敗ものだ、大概磔刑にされるだろう」
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
博物館に、いま光琳一など、琳派陳列があるのじゃがな。」と、叔父さんは、博物館のあるをつえでしました。しかし、そのには、人影なくて、しかったのです。
町の真理 (新字新仮名) / 小川未明(著)
あッてわしく布巾を擲却り出して小膝を進ませ
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
グレ へッ、はいで放任っておくのでがな、それが弱蟲證據ぢゃ。
と云いさして平馬の方向へガックリと顔を傾けた……が……しかし、それは苦痛のためらしかった。そのまま眼を閉じてタップリと血を吐いた。
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その地球の周囲、九万里にして、上下四、皆、人ありて居れり。、その地をわかちて、五大州となす。云々。
地球図 (新字新仮名) / 太宰治(著)
満腹そうにじ立ての上がりばなを喫しながら、小ようじで並びのいい歯の上下をさかんにせせくっていましたが、ちゃらりとそこへ小銀を投げ出すと、のどを鳴らしながらも手を出しえないほどに
横に切って薄片と成さば団扇の形のごとし、故に江戸にてダンセンと呼び食味極めて甘美なり。
いには円陣までもが身動きもならぬほどに立込み、大半の者は足踏のままに浮れけ、踊りけていた。
鬼涙村 (新字新仮名) / 牧野信一(著)
黒眼鏡をかけて、糸織の袷羽織に、角帯をしめて、茶の中折帽、東京から来て今生糸相場へ思惑をしてみたが、ちょっと、追敷が足らなくなったからと、軽く言っているのだがね……
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何となく気になるが、子供の事だ、遊びにけて忘れていると、何時の間にか勘ちゃんが、使の帰りに何処かで蛇の死んだのを拾って来て、背後から忍び寄て、卒然ピシャリと叩き付ける。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
そこでっておくが、ここには、黒死舘風景はないんだぜ。豪華な大画や、びやかな鯨骨を張った下袴などが、このら家のどこから現われて来るもんか。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
一度恋人をむる機会を失したばかりに、生体に幾倍する死体の魅力を知りめ、痛ましくも地獄の恋に陥った柾木愛造は、その代償として、彼の目の前で
(新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
しかもなお彼は、「となるといふとも、道取せざるべきにはあらず」
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
この蘇川峡のみをてすれば、その岩相奇峭耶馬渓瀞八丁の天竜峡におよばず、その水流の急なること球磨川にしかず、激湍はまた筑後川の或個処にも劣るものがある。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
〔評〕關八州は古より武を用ふるの地と稱す。興世反逆すと雖、猶將門に説いて之にらしむ。小田原の公は徳川公に謂うて曰ふ、東方に地あり、江戸と曰ふ、以て都府を開く可しと。
あたしは善兵衛さんに手伝って、いつになく機嫌よく壁張りの手伝いや見物や助言をした。それは逆さまだ、こっちのをつけた方がよいのと。
如水は城中へ矢文を送つて和睦をすゝめる第一段の工作にかゝり、ついで井上平兵衛を使者に立てゝ酒二樽、糟漬十尾を進物として籠城の積鬱を慰問せしめる。
二流の人 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
将軍の弟の鮑忠が、抜けがけをして、かなりの味方を損じたという不利な報告があったし、今また、先鋒の孫堅が、木ッ端微塵な大敗をこうむったという知らせに、幕営の諸将も、全軍の兵気も
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「雪団打、雪団打、老の機関没可把
鹿山庵居 (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)