“雲根志”の読み方と例文
読み方割合
うんこんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石亭雲根志に狐の玉のひかる事をしが、狐火は玉のひかるにもあらずかし。狐の玉といふ物の光ると常に見る狐火とは別なるべし。
『拾遺記』や『述異記』は法螺ばかりの書と心得た人多いが、この記事などは実話たる事疑いなし、わが邦にも『雲根志』に宝暦六年美濃巨勢村の山雨のために大崩れし
雲根志灵異の部に曰、隣家壮勇の者あり儀兵衛といふ。或時田上谷といふ山中に夜更るに、むかうなる山の澗底より青く光りの如くてすゑはる。