“炮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あぶ33.3%
はう33.3%
ほう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
り焼きにしたようなものだが、それに二つの特徴がついている
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
食事がおすみになると、おくみはテイブルの上をきれいに片づけて、番茶の匂ひのいゝのをじて持つて行つた。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
満腹そうにじ立ての上がりばなを喫しながら、小ようじで並びのいい歯の上下をさかんにせせくっていましたが、ちゃらりとそこへ小銀を投げ出すと、のどを鳴らしながらも手を出しえないほどに