“はふ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハフ
語句割合
29.0%
破風25.5%
15.6%
10.0%
8.7%
覇府4.8%
1.7%
1.7%
搏風0.9%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし決して「二二が四」から始まつてゐるとは限らないのである。僕は必ずしも科学的精神をつてしまへと云ふのではない。
その家は、オランダから持ってきた黄色い小さな煉瓦で建てられ、格子窓があって、正面は破風造りで、棟には風見がのっていた。
このあひだの時に牢屋へでもり込んでしまへばいゝものを、町内預けにして無事に歸してよこしたお奉行樣の氣が知れないねえ。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
富岡は、興味もなく、その新聞を枕もとにり出して、大きなあくびをした。ゆき子は白いカーテンの、汚れた汚点をじいつと見てゐた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
青年輩身心發育時代にあるものには、より實行して體力培養し、將來大成肝要ならずや。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
鎌倉の都といひ得べきか否かに就きて、ある人、昔は國府を鄙の都といひし例もあれば鎌倉の如く江戸の如く覇府ありし地は都といひてもよかるべし、といへり。
万葉集を読む (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)
(今は久須婆といふ。)またその逃ぐる軍を遮りて斬りしかば、鵜のごと河に浮きき。かれその河に名づけて、鵜河といふ。またその軍士を斬りりき。かれ、其地に名づけて波布理曾能一二といふ。
よこは朝かげの花ならず夕かげにりみ墓べの花
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
頭の上を押さえている屋根や搏風の下を遁れたり、925
勘次からむやうにては卯平がおつたへ威勢をつけてるやうにつた。いてつてつた蕎麥をどさりとくへつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
には其處恐怖はればいたり土塊つたり、自分等衣物をとつてぱさり/\といたりしてすことにめるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ここにき出して斬りりき。かれ其地を宇陀の血原といふ。然してその弟宇迦斯が獻れる大饗をば、悉にその御軍に賜ひき。この時、御歌よみしたまひしく
ここに速須佐の男の命、その御佩十拳の劒を拔きて、その蛇を切りりたまひしかば、の河血にりて流れき。かれその中の尾を切りたまふ時に、御刀の刃けき。
れむつつばせ 〔巻十四・三五一五〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「南吹き雪解はふりて、射水がはながる水泡の」(巻十八・四一〇六)、「射水がは雪解りて、行く水のいやましにのみ、がなくなごえのの」(同・四一一六)の例もあり、なお
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
貫一は唯胸も張裂けぬ可く覚えて、でず、めたる宮が顔をばり下つる熱湯の涙に浸して、その冷たきひぬ。宮は男の口移くもして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
マウパツサンの墓が見附からないので広い墓地を彷徨いて探して居ると、瑠璃紺の皺だらけのマントウをつた老人の墓番が一人通つたので呼留めて問うた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)