“ほふ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
92.6%
4.1%
1.7%
1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次の日は仲秋節。——史家の小作や奉公人は、昼から莚席の支度に忙しかった。羊をや鶏をつぶすこと、何十羽かわからない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
五年を勅免ありしかども、とて越後にいまししこと五年なり、に聖人の旧跡越地にれり。弘法廿五年御歳六十の時玉へり。
さうかと言つて、今になつては、その知識の重荷をり出すわけにも行かない。
間居 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
其の狹い區域にも霧の色がに見える……由三は死滅の境にでも踏込むだやうな感がして、ブラ下げてゐた肖像畫を隅ツこの方にり出した。そして洋燈をした。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)