“なぐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
47.8%
22.5%
20.7%
4.2%
2.0%
0.7%
殴打0.4%
0.2%
打擲0.2%
打殴0.2%
打毆0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
毆打0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、一日に十三時間も乗り廻すので、時々目がんだ。ある日、手を挙げていた客の姿に気づかなかったと、運転手にられた。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
真似をするのは。とつて腹を立て、其男引摺り出してつたところが、昨日自分のれて歩いた車夫でございました。
年始まはり (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
腕でり、で叩き、泡を立てる。そして、流れのまん中で、猛烈果敢に、騒ぎ狂う波の群れを、岸めがけて追い散らすのである。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
彼女ははげしく私をゆすぶつて、兩耳をり、一言も云はず行つてしまつた。それから一時間もの間、ベシーがなが/\と説教をした。
さまれに遠慮らず、やなやといふがよし、れを他人はず母樣やうへとしくさめて日毎へば
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
抜いてみると、目づもりは二尺二、三寸、片手りに頃あいな肉づきである。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
手当放題殴打らなければならぬものとじている、所謂思慮わらぬ人間
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「僕なら直ぐその場でブンッてしまう」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
吉川は初子の頬を打擲った、力をこめて、立てつづけにぶん打擲った。彼女は彼の胴中に武者振りついて、大袈裟な悲鳴を揚げ
青い風呂敷包 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
と、り、にまたの六号室鉄格子で、ニキタが患者等打殴っていること、モイセイカがっては、うている姿などをす。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
と、り、の六號室鐵格子で、ニキタが患者等打毆つてゐる、モイセイカがつては、ふてゐる姿などをす。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
てそれがハラハラと四方に飛散するは、も線香花火のるようであった、雨はねてる如きドシャ降り、刻限は午前二時だ、僕ならずとも誰でもあまり感心はしまい。
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
何日ぞやは障子を開けておいたのが惡いとかいつて、突然手近にあつた子供の算盤で細君の横面を思ひきりつた。細君の顏はみる/\腫れ上つた、眼にも血がんで來た。
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
「太い畜生だ、二つ三つつてやりませうか」
手當放題毆打らなければならぬものとじてゐる、所謂思慮はらぬ人間
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)