“なげう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
57.6%
41.2%
0.4%
抛打0.4%
抛擲0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晋の区純は鼠が門を出かかると木偶が槌で打ち殺す機関を作った(『類函』四三二)。北欧のトール神の槌は専らって鬼を殺した。
孝孺に数字を批して、筆を地にって、又大哭し、り且して曰く、死せんにはち死せんのみ、は断じて草す可からずと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
筆をつて、嘆息して、た冷い寝床に潜り込んだが、少許とろ/\としたかと思ふと、直に恐しい夢ばかり見つゞけたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
経之はその時、手にいじっていた火打石の一個を、殆どそれが決定的にそう抛打つために用意されていたように、こちら向きになったはぎ野に打ち当てた。
野に臥す者 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
……しかもお前は産みの母の呪詛の犠牲になっているばかりか、今や新しく種族の犠牲にその身を抛擲とうと心掛けている
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)