“うっちゃ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
打棄47.4%
打捨22.2%
打遣11.1%
放抛4.4%
放擲3.0%
放棄3.0%
打抛2.2%
1.5%
抛棄1.5%
投擲0.7%
放下0.7%
抛擲0.7%
放捨0.7%
放置0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下僕は「それでもいうたら大変に怒られるから仕様がない。」「そんならこの儘打棄って置いてもよいか。一月ってもよいのか。」
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「なるほど。」と蘿月は頷付いて、「そういう事なら打捨っても置けまい。もう何年になるかな、親爺が死んでから……。」
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「それにしちゃ馬鹿に遅いじゃねいか。何だかこの節お上さんの様子が変だぜ、店の方も打遣らかしにして、いやにソワソワ出歩いてばかりいるが……」
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
それでも四五日何事もなく経過すると、やっと解放されたような気がしてほっと安心します。こんな状態ですから、先生、どうも放抛っておけないんです。
誰? (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
金剛寺坂笛熊さんというのは、女髪結の亭主で大工の本職を放擲って馬鹿囃子の笛ばかり吹いている男であった。按摩休斎は盲目ではないが生付いての鳥目であった。
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「組合は組合で放棄って置け、彼らの書いた種が上がれば、相手にする必要はない。文句をいって来たら、人名録を突き附けて先方の落ち度を抑えてやれば好い。放棄って置け放棄って置け」
おはま 打抛っておおき。大所帯を張ってると内輪同士の争いは珍しかない、一々気にとめていられるものかね。それよりかお登世。早く顔を出しといで。
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
っておけ! その方が安泰だ、医者を呼ぶには当らんぞう」
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
はまたかかる位置になってからも、自分抛棄ってはいてくれぬのが、って迷惑残念であった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
『だからね、母が何と言っても所天決して気にしないで下さいな。気狂だと思って投擲って置いて下さいな、ね、後生ですから。』
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
『そういうことなら投擲って置く訳に行かない。』と僕はいきなり母の居間に突入しました。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
しかし万一もし盗んでいたとすると放下って置いてはが悪かろうとも思ったが、一度見られたら
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
戸外に積んだまま、平時放下って置くからです」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ラシイヌは心でこう思って飽気ないような表情をしたが、ダンチョンを抛擲っても置けないので、彼を旅宿まで運ぶための自動車を探しに街の方へ、大速力で走って行った。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
していやがったが、よくよくおれに愛想をつかしゃアがったと見えてへ片付いてしまやアがったんで、つい娘や子供の事もそれきり放捨って置いたんだがね、数えて見るともう十八だ。
雪解 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「その寝言にも程がある、三岳の村方一統へ、迷惑を掛けようっていうんだからな。こいつ放置っちゃあ置かれねえ」
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)