“彭”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほう66.7%
はう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“彭”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]2.9%
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
道家の説にほう姓の三あって常に人身中にあり、人のために罪を伺察し庚申の日ごとに天に上って上帝に告ぐる故、この夜いねずして三尸を守るとあって、その風わが邦にも移り、最初は当日極めて謹慎し斎戒してその夜を守りしなるべけれど
中国には前記のほかに「包公案ほうこうあん」「てき公案」「公案」「ほう公案」「竜図りゅうと公案」などの「公案もの」といわれる多くの裁判物語があるが、この公案ものの方は本になった地代が新しいために、馬琴の「模稜案」に、いくらか影響している程度にすぎない。
探偵小説の「謎」 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
東河、名ははうあざなは文平、一号は払石ふつせきである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)