“今関天彭”の読み方と例文
読み方割合
いませきてんぱう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしの無利害の述作とは違ふ。近ごろ今関天彭さんの先儒墓田録は物徂徠の裔を探り市野迷庵の胤をねて、窮め得らるべき限を窮めてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)