“兜巾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ときん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてその総髪そうはつにしたあたまうえにはれい兜巾ときんがチョコンとってりました。
と新九郎はふと見上げると、額に兜巾ときんをつけ柿色の篠懸すずかけを身にまとった、これこそ本物の修験者であった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)