俘囚ふしゅう
「ねエ、すこし外へ出てみない!」 「うん。——」 あたしたちは、すこし飲みすぎたようだ。ステップが踉々と崩れて、ちっとも鮮かに極らない。松永の肩に首を載せている——というよりも、彼の逞しい頸に両手を廻して、シッカリ抱きついているのだった。火 …
作品に特徴的な語句
きょう すざま むごた かお 機会チャンス おとず 仕掛じか 石塊せっかい いきお 耳朶みみたぼ こころ 今宵こんや づけ げん 此方こっち やわら 四方しほう あきら とお ころが ゆら はず 何奴なにやつ にわ まこと いただ そそ がら 陰画いんが 歴然れきぜん かん くさり おさ きま うな まとま くら 美味おい かた 追払おいはら ちょう ついや たず ゆびさ ぬぐ 山中さんちゅう はま ゆか 引懸ひっか むご 痛味いたみ あざ くせ 発作ほっさ しわ 目醒めざ 真下ました 真暗まっくら 禁足きんそく うかが はず 粉袋こぶくろ センチ 紙幣さつ まぎ つな 罪悪ざいあく そむ 背後うしろ 胴中どうなか わき なか 腹腔ふくこう はだ へそ のぞ にが 苦悶くもん 苦手にがて 草叢くさむら 荒立あらだ 隆々りゅうりゅう 鎧戸よろいど 闊歩かっぽ したが 隠匿いんとく 錯覚さっかく 隆起りゅうき