“掛巻毛”の読み方と例文
読み方割合
カケマクモ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けのかけ、「掛巻毛」などのかくである。「かく」「かけ」は、誓占の一種で、神の判断に任せる所の問題を、両者の間に横へる——心に念じ、口に出して誓ふ——事である。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)