“博賭”の読み方と例文
読み方割合
ばくち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
客も主じも家娘も家妻も酒と博賭の好きな息子たちも、茫然、瞠然愕然恟然として声も出ない。八百助は「村の方がた」と静かに云った
伴「なにー、博賭に勝ったと、馬鹿ア云え、の様なケチな一文賭博をする奴が古金授受をするかえ、有体に申上げろ」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
や居るにしても居るとはぬよ、事に由れば余温るまで当分博賭るかも知れぬ何うして其様な未熟な事でる者か、差当り其家へは行かずにの所で探偵するのが探偵のいろはだよ
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)