小さき者へちいさきものへ
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、——その時までお前たちのパパは生きているかいないか、それは分らない事だが——父の書き残したものを繰拡げて見る機会があるだろうと思う。その時この小さな書き物もお前たちの眼の前に現われ出るだろ …
作品に特徴的な語句
えぐ いず いだ づか わずら いた はず いや ふせ いわ 退 一所ひとところ すぐ 名残なご かつ 太洋たいよう 嬰児えいじ しん にく にな わざわ ほぞ おど つか むちう うち 仕遂しと もっ 仮初かりそめ いた すご 凄惨せいさん なら 刹那せつな きず すなわ 吹雪ふぶき あじわ うめ ただ のど わら 執念しゅうね おびただ 如何いか 子守こもり 安堵あんど むし 屡々しばしば 希臘ギリシャ さいわい かす 度毎たびごと 建立こんりゅう あと 忽如こつじょ 恢復かいふく 悒鬱ゆううつ 愈々いよいよ あわ あわ 成就じょうじゅ 我儘わがまま たわむ 折檻せっかん ひろ 挨拶あいさつ そろ しぼ たた たお 旅雁りょがん 日向ひなた 昏々こんこん 昏睡こんすい うつ 晴着はれぎ 暁方あけがた しばら 検痰けんたん かえで 死際しにぎわ まり 気息いき 気遣きづか あわ ふち 清々すがすが みぞ 滅多めった