“しぶとき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
強情25.0%
強面25.0%
澁太25.0%
硬情25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
願ひ奉るとはせ引ども押ども動かねば同心大勢立掛り強情らぬかと無體引立んとするを大岡殿は此體を見られコレ/\手荒き事をして怪我
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其金一向に存じ申さずと云ひ居たるにぞ流石の大岡殿も扨々強面なりとれられしが好々あらば白状するに及ばずに逢せる者有り驚くなとて直樣車坂下六兵衛藤助並びに妹お民を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
言はざれば主税之助は彌々怒り此奴勿々澁太女なり此上は槍玉て呉んずと云ひつゝ三間の大身の槍を追取
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
開きコリヤ/\假令したりとて出家の境界今更其をすべきや然而一向知らぬこと此身體は素よりの世なり殺さば殺せ勝手にしろと云を兩人は聞イヤハヤ此奴硬情坊主めと云樣力に任せて一打
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)