“可致候”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いたすべくそろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可致候”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
田原町たわらちょう一寸ちょっと御立寄被成候おんたちよりなされそうろう御出被成度おんいでなされたく存じ候。さ候はゞ及ばずながら奈何様いかようにも都合宜敷様可致候いたすべくそろまずは右申入もうしいれ候。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)