“可致”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いたすべく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可致”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ゆえに趣向の変化を望まば是非ぜひとも用語の区域を広くせざるべからず、用語多くなれば従って趣向も変化可致いたすべく候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
異論の人あらば何人なんぴとにても来訪あるよう貴兄より御伝え被下度三日三夜なりともつづけさまに議論可致いたすべく候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)