“悪辣老獪”の読み方と例文
読み方割合
あくらつろうかい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、この表面はみつのように甘い私の言葉の裏には、悪辣老獪あくらつろうかいの下心が秘められていたのである。
春の盗賊 (新字新仮名) / 太宰治(著)