“侮蔑的”の読み方と例文
読み方割合
ぶべつてき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いやいや、君は若い、まだ若い」と医者は、さもこの二つの言葉の中に、わたしに対する何かひどく侮蔑的な感じがめてありでもするような、そんな言いぶりで言葉を続けた。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
と、りながら、更紗模樣侮蔑的視線げた。
画家とセリセリス (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
自分の言葉が侮蔑的に発せられたのを西山は感じた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)