画家とセリセリスがかとセリセリス
それが癖のいつものふとした出來心で、銀座の散歩の道すがら、畫家の夫はペルシア更紗の壁掛を買つて來た。が、家の門をはひらない前に、彼はからつぽになつた財布の中と妻の視線を思ひ浮べながら、その出來心を少し後悔しかけてゐた。始終支拂ひに足らず勝ち …
作品に特徴的な語句
始終しじふ うは 微笑びせう あきらか まへ 長女ちやうぢよ ぎやく をつと はう ふたた あひだ 苦笑くせう ちひ ほど あが 清澄せいちよう 氣配けはい 今日けふ なに ゑが をし まつた いそ けん しやく たづ 嫉妬しつと 地面ぢべた おこ うか 洋服やうふく 氣質きしつ かは よこ 月末つきずゑ くら あか 突進とつしん うかゞ にち 手前てまへ あや くさ 色彩しきさい 快活くわいくわつ しん 茶化ちやくわ 後悔こうくわい かれ つよ 茶色ちやいろ には 裸體らたい 見當けんたう ずん はな 調子てうし 好奇かうき 大柄おほがら 夕方ゆふがた へん ゑん 貧乏びんばふ 貯金ちよきん さへぎ しづか なん たがひ 卑怯ひけふ あたま にん ひるがへ かへ 口上こうじやう 頓狂とんきやう 可成かな をど れい むか 努力どりよく 頂戴ちやうだい もん