“御諫止”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごかんし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御諫止”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いや、なんと仰せありましょうとも、われわれどもは、臣として、御諫止ごかんしいたすしかございません。——勿体なくも、桓武天皇このかた、伝教でんぎょう以来の霊跡れいせきを、灰燼かいじんにしてしまえの、また……」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「……そうだ。どうあっても、さような、人道にはずれた御合戦は、お止めせねばならぬ。臣下の道は、それしかない。——光春、其許そこもとは、すぐ鷺山へ馳せつけて、死をもって、父光安殿にすがり、光安殿とふたりして御主君道三様の思い立ちを、御諫止ごかんし申せ」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)