“縞羅紗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しまらしゃ50.0%
しまらしや33.3%
しまラシヤ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
己は粗い格子の縞羅紗のジャケツとずぼんとを着た男の、長い脚を交叉させて、安楽椅子に仰向けに寝たように腰を掛けて新聞を読んでいるのを見た。
沈黙の塔 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
焦茶地の縞羅紗二重外套の冬が不用をや譲られけん、尋常よりは寸のりたるを、身材の人より豊なるにひたれば、例の袴は風にや吹断れんとくもきつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ばかりぢやない。れるんだね」とつて宗助苦笑した。御米其晩置炬燵れて、スコツチの靴下縞羅紗洋袴かした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)