“縞馬”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しまうま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“縞馬”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 評論 エッセイ 随筆14.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
縞馬しまうまの刑事は、向こうへすたすたといってしまった。後に貫一は、忌々いまいましげに舌打をした。
縞馬しまうま、これはほかのすべての縞馬の透し絵の標本だ。
博物誌 (新字新仮名) epub / ジュール・ルナール(著)