“薄羅紗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うすらしゃ50.0%
うすラシャ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相手は薄羅紗外套恰好のいい姿を包んで、の下に真珠の留針を輝かしている。——高柳君は相手の姿を見守ったなり黙っていた。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
浅葱天鵞絨の鳥打帽子を被って、卵色薄羅紗猟装束を着て、弾帯をきりりとしめて、薄皮の行膝をはめて、胡坐をかきながら、パイプを軽くつまんでマニラを吹いて居る。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
朝書斎に這入ったままあまり静かなので、そっと二階へ上ってきましたら、机の上へ薄羅紗を敷き、根附を全部出して順よく並べ、葉巻をくわえて楽しそうに見ています。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
富士絹のブルウゼに薄羅紗のスカートをつけ……まじめな百貨店の売子のように、さっぱりと地味ないでたちだった。駆けつけるように寄ってきて、久我のとなりへ坐ると、苦しそうに息をきった。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)