“らしき”の漢字の書き方と例文
語句割合
羅織100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伝うるところに拠れば、彼がさきに盗賊二人を捕えた時、いずれもその証拠不十分であるにもかかわらず、彼は自己の功をなすに急なる余りに、鍛錬羅織らしきして無理にかれらを罪人におとしいれた。