“うすもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
51.9%
羅衣18.6%
薄物5.4%
軽羅5.4%
羅物3.9%
薄衣3.9%
綾羅3.1%
2.3%
薄紗1.6%
輕羅1.6%
羅織0.8%
薄絹0.8%
薄羅0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
裸体に蓑をかけたのが、玉を編んでったようで、人の目にはに似て透いて肉が甘い。脚はのあたりまでほとんどあらわである。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その柔かな羅衣を隔てて彼女の胸に抱きかかえられてしまっては、私は全くしてはならないことをしたようで、自分の息が臭くはなかろうか
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
全身の豊満な肉体を露出するよりは、薄物うた姿にかえって情調をそそられるといったような心理もないではない。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「さあ、には解らない」こう云ったのは六十五六歳、葉洩れの月光に映じた姿、脚絆甲掛、旅装い、軽羅の十徳を纒っている。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
洞穴のようにうつろな胸、睫毛のない眼、汚点だらけの肌、派手なKIMONO、羅物下着、前だけ隠すための無花果の葉の形の小エプロン——そんなものが瞥見される。
黒い薄衣に、同じ薄ものの露頭巾をかぶり、大小をさし、草履ばきで、すたすたと行くうしろ姿が——肩のやさしい線が——どこかお袖と似ているようでもあった。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
七重なる綾羅の下にちりばめし「悪徳」の金剛石。
笠のうちこそ見物だと思って心配するがものはない、前半の一文字笠が、その瞬間、のように透きとおって、が蛍の光のように蒼白く夜の色を破って透いて見えるのです。
君は透見ゆる霞の如き薄紗の下に肉色したる肌着をつけ給ひたれば、君が二の腕、太腿の、何処のあたりまでぞ、唯一人君を寝室に訪ふ人の、まことに触れ得べき自然の絹にして
舞姫 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
野袴穿き、編笠をかむった、立派なみなりのお侍様五人が、半僧半俗といったような、めたお頭巾をいただかれ、羅織被風をお羽織りになられた、気高いお方を守り
怪しの者 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
同じ船の中の水夫の姿さえ、薄絹の奥にあるようだ。朦朧として見究められぬ水を見ようと覗いて見ても、湖水の蒼い水の代りに、乳色の濛気を見るばかりだ。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
稍それと趣の似たものに、好みの長襦袢の上へ薄羅を着たのは、用ひかたによつて面白いが、それへ羽織を着られると、すつかり嫌なものになつてしまふ。
夏の女 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)