“透見”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すきみ92.9%
とうけん7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見てしまえば別に何処どこが面白かったと言えないくらいなもので、洗湯せんとうへ行って女湯の透見すきみをするのと大差はない。
裸体談義 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
……次第に家ごとゆするほどになりましたのに、何という寂寞さびしさだか、あの、ひっそりと障子の鳴る音。カタカタカタ、白い魔が忍んで来る、雪入道が透見すきみする。
雪霊続記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
虫さえいとう美人の根性こんじょう透見とうけんして、毒蛇の化身けしんすなわちこれ天女てんにょなりと判断し得たる刹那せつなに、その罪悪は同程度の他の罪悪よりも一層おそるべき感じを引き起す。全く人間の諷語であるからだ。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)